2010年05月23日

新Blog始めました

H-IIAロケット17号機打ち上げ成功おめでとうございます。
探査機も現在のところ順調なようで何よりです。

それにしても、今回のマスコミの注目、報道っぷりは凄かったですね。
ウチがわざわざBlogに書く必要もないくらい。
NHKはトップニュースだし、静岡新聞は21日の夕刊一面トップ記事だし…。
これが○○のチカラなのか…?

新Blog始めました。
こちらのBlogの読者層から考えると、宇宙の話題はそぐわないだろうという判断、およびROの話題の比率の低下から、宇宙の話題を分離させる事にしました。
Musesの宙
http://muses.sblo.jp/

です。
よろしくお願いします。

が、こちらのMusesの海が更新停止になる訳ではありません。
日記&ラグナロクオンラインの記事はこちらのBlogで投稿します。
ついでに言うと、ROに関係するBlogの更新情報はラグナロクオンラインSNSでも告知していますのでご利用ください。
(BlogがメインでSNSは補助という位置づけなので、会員になっても読める記事が増える訳ではありません)
posted by 氷奏 騅 at 00:40| Comment(0) | 宇宙

2010年05月20日

来るもの去るもの

はやぶさ帰還前に、金星探査機「あかつき」が打ち上げられます。
日時は明日21日6時58分22秒。
日本のロケットって、半年に一度くらいしか打ち上げられないのでなかなか見る機会がないと思います。
ウチは仕事の都合上見れませんが、興味のある方は見てみてくださいな。
ライブ中継もあります。
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/live/index_j.html

回線が混んでいる時は、ニコニコ動画宇宙教育テレビでも中継しますよ?

あ、一応申し上げておきますが、天候その他の理由で打ち上げが延期になる可能性があります。
(既に一度延期になった)

さらに申し上げますと、ロケットの成功確率って95%くらいで、5%は失敗する可能性があることを覚悟してください。
(他国のロケットでも同様です)

でもね、100%成功する事象だったら、わざわざ挑戦する価値は無いとウチは思うんです。


挑戦といえばこれも。

愛すべきバカです。
posted by 氷奏 騅 at 23:00| Comment(0) | 宇宙

2010年05月13日

地球へ還る

これから一ヶ月間の期間限定で、Blogの右側に以下の表示をいたします。








筆者は隠れ(?)はやぶさファンなので、最期の1ヶ月くらいはこれくらい宣伝させてください。

はやぶさは2003年5月9日 鹿児島宇宙空間観測所より打上げられ…って、素人のウチが説明しても長くなるだけなので、概要についてはこちらなどを参考にしてください。
はやぶさ君の冒険日誌
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/fun/adv/index.shtml


【はやぶさ、地球へ!〜帰還カウントダウン〜】特設サイト
http://hayabusa.jaxa.jp/


来月、7年間の航海を終えて戻ってきます。
こちらのBlogで紹介しても何かが変わる訳ではありませんが、新聞やテレビで見かけた際、ウチの言ってたやつかーと思ってくだされば幸いです。
最先端の科学技術と言っても、国民の関心と理解が無ければ続けることはできませんからね。

しばらくの間、ROの記事以外にも週1回ペースくらいではやぶさの記事も更新します。
ご了承ください。
posted by 氷奏 騅 at 22:48| Comment(3) | 宇宙

2009年11月10日

ほしのカケラ

このBlogでも何度か取り上げていますが、小惑星探査機「はやぶさ」がさらにピンチな状況に陥っています。

------------------------------------------------------------
小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン異常について
 小惑星探査機「はやぶさ」は平成22年6月の地球帰還に向けて、第2期軌道変換を実施中でしたが、11月4日(水)(日本時間)に、作動していた主たるイオンエンジン1基(スラスタD)の中和器の劣化による電圧上昇により、自動停止していることが確認されました。以降、同スラスタの調査及び復旧を試みてきましたが、現時点では、まだ再起動に至っておりません。

 JAXAでは、現在、探査機の状況を確認するとともに、地球への帰還に向けた対策について検討を進めています。検討結果がまとまり次第、あらためてお知らせいたします。

【注】「はやぶさ」は主推進装置として4台のイオンエンジン(スラスタA〜D)を搭載しており、各スラスタの状態は以下のとおりです。第2期軌道変換ではスラスタC,Dの2基で地球への帰還を計画しておりました。

•スラスタA:打上げ直後に動作不安定等があったため、運用を休止中。
•スラスタB:中和器の劣化による電圧上昇があり、運用を休止中。
       (平成19年4月以降)
•スラスタC、D:それぞれ中和器の劣化による電圧上昇の傾向が生じている。
         なお、スラスタCについては現在停止中であるが、稼動することは確認している。
------------------------------------------------------------
http://www.jaxa.jp/press/2009/11/20091109_hayabusa_j.html
宇宙航空研究開発機構

探査機「はやぶさ」帰還ピンチ、エンジン1台停止
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20091109-OYT1T00774.htm
読売新聞

小惑星探査機:「はやぶさ」地球帰還ピンチ
http://mainichi.jp/select/science/news/20091110ddm012040174000c.html
毎日新聞

小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンに異常
〜地球への帰還に黄信号、使用できるスラスタが1基に
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20091110_327860.html
Robot Watch

はやぶさリンク:イオンエンジンに異常、ついにエンジン1基に
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2009/11/1-7fe5.html
松浦晋也のL/D

まさに満身創痍。
ただし、今まで得られた成果も、これから得られるであろう成果も大きいのです。
ハイリスクハイリターンの旅なのです。

今までの旅はこちらの動画で。


来年6月の地球帰還を目指していますが、現在地球からの距離は約1億6000万km。
半年で200m/s(時速720km)の加速が必要です。

ちなみにジャンボジェット(時速900km)より速度変化は少ないのです。
ただし、エンジン(イオンエンジン)もブレーキ(化学スラスタ)も故障しているような状況です。

辛うじてイオンエンジン1基だけ残っています。
ですが、何度も窮地をくぐり抜けてきた機体だけに、今回も何とかなるんじゃないかとも期待してしまいます。
ダメだったらダメでも、もう十分頑張っているのです。
(タッチダウン1回目で死んでいてもおかしくない機体なのですから)

興味を持った方はプラネタリウム作品のこちらも見てみてください。
HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
http://hayabusa-movie.jp/


『HAYABUSA - BACK TO THE EARTH -』
上映中:
  ※「休日のみ上映」などもあるためスケジュールは各館のサイトで確認すること。
  ・大阪市立科学館:フル版(〜2010/03/31)
  ・日立シビックセンター:ショート版(〜2009/11/15)
  ・府中市郷土の森博物館:フル版(〜2010/03/14)
上映が決定:
  ・相模原市立博物館(2010/01/16 〜03/14)
  ・千葉市立科学館
  ・サイエンスドーム八王子(少なくとも2010/01/11より後)
  ・川口市立科学館
  ・豊田産業文化センター(2009/12/19 〜)
  ・平塚市博物館(再上映。2010年春より)

人生ご縁となりゆきで 様より引用
http://notserious.jugem.cc/?eid=586
posted by 氷奏 騅 at 23:52| Comment(0) | 宇宙