2010年08月24日

ちょっと宇宙行ってくる!

はやぶさパブリックビューイングに行った時、隣の方がSOMESATのメンバーでした。
そのSOMESATの勝手に応援動画が出来たそうなので紹介。


MMD杯に出展された作品だそうです。
それがどういうモノなのか、ウチは知らないのですが、少しでもランキング上位に行くといいな。
posted by 氷奏 騅 at 18:06| Comment(3) | 日常の事

2010年08月22日

鹿児島に行きました(4日目)

最終日です。
0808-01.jpg

レンタカーをワンウェイで鹿児島中央駅に返却。

0808-02.jpg
九州縦断鉄道(嘘)で博多を目指します。
駅改札内に焼酎バーがあって驚いた…。

0808-03.jpg
つばめっていう新幹線に乗って…

0808-04.jpg
リレーつばめっていう特急に乗り換え。
新幹線も豪華だったけど、こっちの特急はもっと豪華で驚いた…。

0808-05.jpg
途中下車して、太宰府天満宮に寄ってきました。

0808-06.jpg
実は2年前にも行っていて「航空安全御守」を買ったのです。
はやぶさ地球帰還時に相模原パブリックビューイングに持って行ったのですが、無事に帰還したのでお礼参りなのです。

0808-07.jpg
韓国人、中国人が多いのに驚きましたが…。
ケバい容姿をしている人はほぼ外人。
ウチは日本人の方がいいです…。

0808-08.jpg
太宰府といえば梅の紋。
で、菅原道真=梅の紋の元になったのがこの木。
飛び梅さまです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E6%A2%85
ウチは勝手にポタの神様にもしていますが。w

さて、福岡空港から帰路につきます。
0808-09.jpg
帰りの飛行機はコレ。
新規参入のFDAです。
新しもの好きとしては乗ってみないとね。w

0808-10.jpg
スポンサーがシャトレーゼ。
シャトレーゼジェットと呼べばいいのかな?
お茶菓子がシャトレーゼだったよ。

という訳で、大充実の4日間でした。
鹿児島の人はあまり喋らないのですね。
やっぱり不言実行の土地柄なのだろうか…?
あと、鹿児島市中心部と鹿児島空港以外はどこに行っても駐車場が無料でした。
土地柄なんでしょうねぇ。
どこに行っても公衆トイレが綺麗だったことも感心させられます。

鹿児島中央駅で新幹線を待っていたら、新入社員(?)がホームに整列して、運転手/車掌に「お疲れ様です」「行ってらっしゃいませ」
上下関係は厳しいかもですね。
posted by 氷奏 騅 at 12:51| Comment(2) | 日常の事

鹿児島に行きました(3日目)

3日目です。
今日は一般的な観光地を回ります。

0807-01.jpg
桜島まで一周。
(青い線が今日のルートです。灰色の線は昨日までのルート)

0807-02.jpg
せっかく霧島まで来たので、霧島神宮に行ってみた。
早朝なので空いてます。
神社行くなら早朝だねぇ。

0807-03.jpg
参拝したあとは桜島へ向かって南下。

0807-04.jpg
道の駅で休憩したら珍しいものを見つけた!
クレープの自販機だって。

0807-05.jpg
桜島に上陸。

0807-07.jpg
いきなりこんなものを目にしてビビる。
火山が噴火した時の避難壕だって。

0807-06.jpg
何となくRPGやロードオブザリングに出てきそうな一本道。
木の高さが低いでしょ?
溶岩が流れてからまだあまり時間の経ってない証拠なのです。

0807-08.jpg
砂が細かい。
同じ火山でも富士山はもっとザラザラしてます。


展望台に上がったら噴火した!
運がいいーと思ったけど、ここにいて大丈夫なのかと不安になる…w

不安になったので桜島ビジターセンターに寄って、ボランティアのお兄さんに尋ねてきました。
そしたら、あれくらいの噴火は今年だけで700回以上起ってるんだって。
桜島の方にとっては日常の風景なんですね。

さらに、夏休み限定ミニミニガイドツアーにも飛び入り参加してきました。
お兄さんの写真もあるけど…公開していいのか分からないので写真は無し。

0807-09.jpg
これはガイドツアー中にもう一度噴火した桜島。

お兄さんに聞いたんだけど、桜島には川がないんだって。
火山灰の水はけが良すぎて、川にならない…。
代わりに土石流が起きるそうな。

0807-10.jpg
展望台から鹿児島中心部を撮ってみたよー。
画像が悪いのは、霧ではなくて火山灰のせい。

0807-11.jpg
フェリーに乗って鹿児島中心部へ。
天文館に寄ってきました。
暑かった、けどアーケードになっていたので助かった。
某、鹿児島の有名なかき氷は満腹だったので食べ損ねました…。
posted by 氷奏 騅 at 11:44| Comment(0) | 日常の事

2010年08月18日

鹿児島に行きました(2日目)

前日は早朝発&長距離移動だったので疲れてバタンきゅー。
夕食後、早々に寝てしまいました。
気づいたら朝の6時だった…。

0806-02.jpg
ホテルより桜島を望む。
想像以上の景色の良さに感動しました。
少し視線を変えると…。

0806-03.jpg
こういう風景を見ると温泉地に来たなーって言う気になります。

0806-04.jpg
上の写真の白煙はこんな感じになっています。
たぶんここが源泉。
硫黄の臭いがぷんぷんします。w

0806-05.jpg
宿泊したのはこちらの「霧島国際ホテル
ホテル内の露天風呂だけで4カ所もあるんです。
連泊しないと全部制覇するのは大変かもですね。
料理とかお酒とか、温泉以外の魅力もいっぱいですよー。
(ウチはアルコールはちょっとしか飲めませんが)

さて、2日目は飛行機に乗って種子島へ行ってきました。
霧島温泉は空港まで車で30分の距離なので楽ちんです。
0806-01.jpg

0806-06.jpg
飛行機に乗ってれっつごー。
種子島空港でレンタカーを借りて、島を南下します。
種子島って結構広いんですね。

0806-07.jpg
また見つけた、誰もいない海水浴場。
この日は波が高くて海水浴には向かない日でしたけれども。

0806-08.jpg
そんなこんなで、種子島宇宙センターへ到着。
ここ、竹崎展望台はロケット打ち上げの時に報道関係者が集まるところです。
次のロケット打ち上げで似た風景が撮影されると思うので気にしてみて。

0806-09.jpg
でも、上の写真はカメラの望遠全開で、本当はこれくらい離れてるんだ…。

0806-10.jpg
既に報道関係者の場所取り合戦が。w

0806-12.jpg
この展望台の1階、シャワーがあります。
何に使うかというと…。

0806-11.jpg
なんと、宇宙センター内に海水浴場があるのでした。
水着持ってくれば良かったかな?
泳いでいる人は一家族しか居なかったけどねー。
(漁港もあります)


0806-14.jpg
施設案内ツアーにも参加してきました。

0806-13.jpg
ツアーに参加すると、この厳重警備のゲートの中に入れます。

0806-15.jpg
発射台のすぐ近くまで行ったり、

0806-16.jpg
総合指令棟(RCC)の近くまで行けたりします。
が、当日はH2A18号機のリハーサル中で(RCC)の写真撮影は禁止。
あらかじめ用意してある写真パネルは撮影可とのことでしたので代わりに撮ってきました。
(機密部分はモザイクがかかっています)
写真は用意していないけど、近くに「種子島宇宙センター宇宙科学技術館」もあります。

おまけ
0806-17.jpg
種子島宇宙センターの食堂で見つけたジャクマ(JAXAキッズのキャラクター)

宇宙科学技術館
■開館時間:9:30〜17:00(7〜8月は9:30〜17:30)
■休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は火曜日。8月は原則無休)、12月29日〜1月1日、その他ロケットの打ち上げなどで休館する場合があります。
■入場料無料 駐車場無料

施設見学ツアー
■ツアー運行時間(午前1回・午後2回)
■運休日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝祭日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月1日)
■所要時間 約1時間15分
■原則事前予約制
■参加料無料
posted by 氷奏 騅 at 23:50| Comment(0) | 日常の事

2010年08月14日

鹿児島に行きました(1日目)

※今回の旅は個人的な趣味全開です。
投稿の一部が不思議言語で書かれていることを,あらかじめご了承ください。
なお、3日目4日目は一般的な観光地を回ります。

0805-01.jpg
鹿児島へ行ってきてしまいました。
CM効果は絶大ですね。w

御殿場から羽田、鹿児島空港を経由して内之浦へ。
内之浦と言えばロケットが有名で、日本初の人工衛星はこの地から打ち上げられました。
近年だとはやぶさが打ち上げられた事で有名です。
ただし、M-Vが廃止になった現在は小型ロケットを打ち上げるのみです。

空港から一路目指したのですが、結構遠い…
大隅半島に入ると車も人もぐっと少なくなります。
鹿児島県って、南の島の雰囲気はあるのですが、あまり人気無いのでしょうか。
0805-02.jpg
誰もいない海水浴場。
鹿児島行くなら沖縄行っちゃうのかなー。

そんなこんなで(旧名)内之浦町に着いたのですが、いきなりこんなものが歓迎してくれます。
0805-03.jpg
(市町村合併で)今は無きウチノウラ共和国の看板と衛星追尾用のアンテナ。
パラボラアンテナではないところが時代を感じさせます。

0805-04.jpg
今回の旅のお供をしてくれたレンタカーのプリウス君。
道が空いていたのもあるのですが、合計460km走って給油ガソリンは17リッターでした。
リッターあたり27km走ってくれるすごいヤツです。

0805-05.jpg
そんなこんなで、内之浦宇宙空間観測所に到着。
直前まで降っていた雨は止んでくれましたが、霧がすごいです。

0805-06.jpg
警備員の居るゲートで受付を済ませて、1番はじめに目に入ってくるのがこの建物。
これがNASAの人も驚いた「ボロをまとったマリリンモンロー」の実体か?
(中身は素晴らしいが、あまりにもひどい外見に驚いたらしい)
実際には、管理センター(職員の休憩所?)だったようですが、そうだとしてもひどいよねぇw。

0805-07.jpg
このやっつけ仕事で貼られたテープが何とも。

0805-08.jpg
こちらが本物の管制室。
こちらも雨漏りするそうです。


34メートルアンテナの横に行ったら動いた!
ちょうど金星探査機あかつきが水平線から登ってきたのかも?

0805-09.jpg
内之浦には衛星、探査機と通信するためのアンテナが多数あります。
最大の大きさのものが、この34メートルアンテナで、はやぶさラストショットを受信したのもこのアンテナ。
白い枠で囲ってあるアンテナが見えるでしょうか?
これがBSアンテナの大きさです。w
でも、長野県にある臼田宇宙空間観測所のアンテナは直径がこのアンテナの倍らしいです。

0805-10.jpg
0805-11.jpg
0805-12.jpg
敷地内にはロケットの実物大模型がたくさん。
大きい事は大きいのですが、宇宙の遙か彼方まで行くにしては思ったよりもコンパクト?

0805-13.jpg
上の写真を見て思ったのですが、一つパラボラアンテナが変な方向に向かって固定されてますね…。
アンテナの方向に管理棟などがあるのですが、ひょっとして、配線を通すのが面倒だった&衛星通信用のアンテナが余っていた、なんて理由で無線通信にしたんじゃ…??
なんて邪推したくなります。
ちなみに森の上に少し見える灰色の建物、小型ロケット打ち上げ棟なのですが、打ち上げ時には屋根が開いて建物の中で点火されたロケットが飛び立ちます。
やる事がいちいちSFアニメっぽいよ…。

0805-14.jpg
これが大型ロケット発射棟。
はやぶさもここから旅立ちました。

隣に資料館があったので入ってみました。
0805-15.jpg
0805-16.jpg
0805-17.jpg
はじめは普通の展示だったのですが…

0805-18.jpg
0805-19.jpg
ロケットの燃料。

0805-20.jpg
0805-21.jpg
姿勢制御装置。

って、展示内容濃すぎるだろ!w
特にロケット燃料なんて悪意の持った国に流出したらそのまま軍用ミサイルが作れるレベル…。

0805-22.jpg
イオンエンジンも展示されてました。
はやぶさイオンエンジンのご先祖様か? と思ったのですが、どうやら旧NASDA系のイオンエンジンみたい。
はやぶさとは直接のつながりはないのですが、1国で2種類のイオンエンジン作ってたんだねぇ。


内之浦宇宙空間観測所
鹿児島県肝属郡肝付町南方1791-13
駐車場 無料 入場料 無料
資料館も無料
見学時間:8:30〜16:30
実験場内は施設外観のみ見学できます
臨時休館に注意
施設間の距離が結構あるので、ウチは車で場内移動してました。
posted by 氷奏 騅 at 23:29| Comment(0) | 日常の事

2010年08月03日

鹿児島スイッチ!

まずはこちらの動画をご覧ください

Kyushu Railway 30sec manami konishi (08,09)
http://www.youtube.com/watch?v=XDqAzUoAWv8&feature=related

このCMに触発されて、鹿児島へ行きたくなったよ!
そこで、8/5〜8/8に行く事にしました。
ロケ班が泊まった宿を探して予約しました。
鹿児島の人って全力で歓迎してくれそう。
静岡人とは性格が違いすぎるから、住みたいとは思わないけどねぇ。w

内之浦と種子島も行ってくるよ!

あと、GPSロガーなる物を買いました。
100731-02.jpg

何をする機械かというと、時刻と緯度経度を記録し続ける機械です。
データを地図に展開したのがこの図。
100731-01.jpg
(Twitterはやぶさオフin相模原のデータ)

どういう経路でどこに行ったか分かるんですねー。
こいつを今度の旅行に持って行こうかと。
ウチの買ったのは飛行機内でも使えるのが強みです。
posted by 氷奏 騅 at 21:28| Comment(2) | 日常の事