2006年06月29日

コメントお返事。

> うーん黙っていられなかったのでついつい さん

大分励まされました。
やっぱりTさんなのでしょうか?
違ったら申し訳無いですけど、Tさんだったら嬉しいです。
コメントありがとうございます。
ご心配かけた様で申し訳ありません。

ウチは現在のギルドを気に入っていて、このギルドがもっと発展、活躍して欲しいと願っています。
また、その為にもっと多くのギルドの仕事をしなければならないと思っています。

例えば、セージ、ケミ、雷鳥などGv独特のキャラの非公平育成には、週の狩りの時間のうち、何割かを割きたい思っていますし、それを行う為の育成の手段も複数所持しています。

逆にポタ子というのは、Gvに無くてはならないユニットですが、少々強くなったところで勝敗を左右する要素ではありません。
ポタ子だけでは砦は取れないのです。
なので、ウチがオーラを目指す、というのは一種の我侭だとも思っています。
ウチの為にギルドの方々の貴重な時間を割くならば、もっと上げにくい人たちの育成を手伝って欲しいという気もあるのです。

他ギルドですが、あるクリエさんのBlogをよく読みます。
本当にがんばっている方です。
でも、なかなか手伝ってもらえなくて、かなり大変そうです。
こういう方を皆無にする、のはウチには無理ですけど、少なくさせるお手伝いはしたいと思っています。

続きを読む
posted by 氷奏 騅 at 00:10| Comment(3) | RO(Gv)

2006年06月28日

久しぶりにマンガを読んだこと。

普段、マンガは読まないウチですが「神戸在住」というマンガを友人から紹介されました。
一話完結型なので、寝る前にすこしずつ、1ヶ月以上かけて読んでいます。
まだ6巻の途中だったりしますが。
文字が多いので、あまりマンガを読んでいるという気はしません。(笑)

神戸の大学に通っている女性が主人公で、その周囲の人々との出来事が淡々と書かれています。
震災があった神戸だけにただ明るい話題が綴られるだけのはずもなく、落ちやギャグが優秀なわけでもなく、ただ単に絵日記のように日常が展開されるマンガなのですが、これが出来がいい。
例えば、4巻69ページのこんなシーン

窓から射し込む 四月の陽光。
葉ばかりになった 桜の木。
何もかもが、目に鮮やかに映る。
「お日様が、あたたかいなあ」と思った。
ただ「あたたかいなあ」と思っただけだ。
なのになぜか 涙が出た。


ウチは泣くのにも理由が必要で、例えば「あたたかいなあ」という理由では泣けません。
ですが、こういう細やかな心理描写を表現できる作者というのは素晴らしいと思ったりしました。
例えばウチが文章を作ったとしても、こういう感情表現は思いつかないでしょうし、こういうことを表現できるという事は、多分、ウチには見えていない(または、見えていても目を逸らしてしまっている)たくさんの事・物がこの作者には見えているのでしょう。
もちろん、この引用の前後には泣くに値する理由が込められているのですが、あまり理詰めで考えない方がこの作品は楽しめるとも思いました。

この本を紹介してくれた友人は、昔から小説などを貸し借りする仲で、彼の紹介してくれる小説やマンガは、大作ではないけれど良作揃いで、そしていつも読後に清涼感があって心地よい作品ばかりです。
ウチ単独ならば目もくれないであろう、こういう作品を紹介してくれる友人は大切にしたいし、とても感謝しています。
今度、また小説でも紹介しますね。
ここで言ったところで、このBlogは読んでいないどころか存在すら知らないだろうけど。(笑)


参考リンク
Wikipedia 神戸在住 (ネタばれ注意)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%9C%A8%E4%BD%8F
posted by 氷奏 騅 at 01:13| Comment(0) | 日常の事

6/25 Gv記

同盟内の鳥が足りないーと言うことで、終了間際にベース専用バードを使ってエンペルームに行きました。
Gvには長く関わっていますが、戦闘中のERへ行くのは初めてだったりします。
EmCを体験するのも初めてでした。

普段はエフェクトをきっているので、ブラギが出ているかどうかも判らず右往左往しましたが、何とか仕事をこなすことが出来ました。
バードを動かしているPCは一番3D性能の低いマシンなので、どうなる事かと冷や冷やしましたが。(笑)
何とか、砦も取れたようで何より。

ここから↓ レベル上げの結果
posted by 氷奏 騅 at 01:08| Comment(2) | RO(Gv)

2006年06月20日

6/18 Gv記

ポタの仕事の基本に返って、どこまで多彩なスキルで支援できるか、に挑戦してみました。
「サンク・ポタ・速度・ブレス・キリエ」をやってみたのですが、ずっと戦闘状態だったこともあり、精神力が1時間しか持たない…。
終わった後はグッタリしてました。
まあ、グッタリするのは毎週のことなのですが。(笑)
よってサッカーは見ていません。

ここから↓、狩りの事
posted by 氷奏 騅 at 22:10| Comment(2) | RO(Gv)

2006年06月17日

ROとGEのサントラ

なんか寝られないので、たまにはGv以外の話題も。

The memory of RAGNAROKを買いました。
Granado Espada のサントラもほぼ同時期に買いました。

両方の作品に関わっている、SoundTeMPの作品は以前から気に入っていて、前作のサントラも持っていたりします。
(あれはガッカリさせられる出来でしたが)

一番のお気に入りはVol.2の1曲目 Theme of Al de Baran
アルデバランの街のBGMです。
SoundTeMPの曲は、電子楽器だけではなくて一部に生楽器も取り入れたらもっと良くなるのに…と思っていたところ、この曲はアコースティックギターが生楽器ではないですか。
音の広がりなども、原曲に比べれば申し分ないほどですし。

あとで確認したところ、原曲も生演奏らしいです。
が、アコギの繊細な音が潰れてしまっているので、やっぱりサントラ盤の方が好きだなぁ。

他に好きなのは、プロンテラフィールドの曲とか、ゲフェンフィールドの曲とか、フェイヨンフィールドの曲とか…。
フィールドの曲ばかりですね。(笑)
いまはBGMをOFFにして遊ぶようにしているのですが、フィールド曲が好き、というのは初心者の頃に長時間お世話になったお陰かも知れないです。

Granado Espadaの方では5曲目 SuperCooled Girl が好きです。
こちらはゲームを始めてから最初に街の外に出た時のフィールドの曲です。
これから出て行く世界への期待を膨らませてくれる曲ですね。
原曲のままでも十分よいのですが、これも、ピアノとドラムが電子音でなければもっと良い出来だったと思ったりします。


余談ですがゲーム音楽以外ではSavage Garden と re:jazz が好きです。
posted by 氷奏 騅 at 03:49| Comment(2) | 日常の事

2006年06月12日

6/11 Gv記

久々に「Blog見てます」を頂きました。
通算4回目かな?
2回はギルド内の人というのは内緒です。(笑)

今回は久々の蛍雲2ギルド体制でした。
ポタも少人数でした。
そんな中でも、何とか2砦所得、と結果だけ見ると悪くは無いです。
SP切れ発生などで、普段のような無茶は出来なかったんですけど。(笑)
忙しかったですけど、例えばArc同盟の頃など、いつもこうだったんですよねぇ。

考えねばならないことがあるので、今週も短めで。
(ネタ切れというのもありますが)

追記:同盟内ミニイベントに参加していただいた方々、どうもありがとうございました。
posted by 氷奏 騅 at 21:44| Comment(0) | RO(Gv)

2006年06月06日

6/4 Gv記

今週はえぴさん側主体のポタでした。
機密事項などもあるでしょうから、詳しくは書きません。

ポタの人数が多いので、楽が出来るかと思ったのですが、後半になるに従ってだんだん忙しく…。
結局普段と変わらない位の仕事量でした。

でも、お試しの段階から全力を出せる、というのは良いことかもしれません。
相手の力量を瞬時に把握し、そして的確な指示を出す。
なかなか出来る事では無いような気がします。
えぴそなの皆様、お疲れ様でした。

デモ タマニハ ヒマ ボウエイ ト イウモノ モ アジワッテ ミタイ モノデス
無い物ねだりかも? (笑)

posted by 氷奏 騅 at 21:32| Comment(3) | RO(Gv)